Posts

Showing posts from August, 2017

ジム・スリアーノ氏沖縄滞在レポート

2017年3月、アメリカ北東部で行われたアメリカ先住民をサポートする平和行進に沖縄から5名の若者たちが参加しました。 その時の縁で、アメリカの20代の方達が8名沖縄にやって来ました。 彼らは同世代の沖縄の人達と時間を共有し、また辺野古に来る年輩の人達とも交流しました。
そのメンバーの中のジムさんという27歳の男性が沖縄での約二ヶ月に及ぶ滞在の想いを送ってきてくれました。



2017年1月20日金曜日 私は自分の国アメリカで、大企業主であり、テレビ業界でも名を馳せた人物が大統領になったことで社会に対して、今までよりも強く関心を持つようになりました。新大統領の誕生に危機感を感じ、このままこの国が誤った方向へ向かい続けることを傍観している事ができなくなりました。
以前より友人の紹介でグラフトンお仏舎利塔には何度も訪れていて、安田法尼より平和行進の話等も聞いたりしていました。そして私は2月に仕事を辞めて、平和行進への参加を決めました。 三月に行われた"water walk for life" という、この平和行進はスタンディング・ロックやラマポ・レナペの先住民等が石油のパイプライン建設から水源を守るために闘っていることへの連帯のものでありました。そしてそれだけではなく世界中の仲間たちとの連帯でもあり、そこで私はオキナワから来ている人たちと出会い、米軍基地問題を知るところとなりました。
5月4日、私を含む3人の仲間と沖縄に行き、そして2ヵ月間滞在しました。オキナワの歴史を学び、何故人々は毎日毎日、辺野古のキャンプシュワブのゲート前に座り込みに行くのか理解することができました。そして私たちも座り込みに参加することが出来ました。
連日5時に起床し、8時までには歩くか、または車で辺野古に向かいます。警察に守られた工事トラックがくる前に工事用ゲートに着くためです。私ははじめ警察に対して恐怖心を持っていました。何故ならばアメリカの警察は銃器を持ちフル装備で催涙スプレー等も使用します。しかし、私が見たオキナワの警察はアメリカとは全く異なりました。彼らは私たちを強制的に移動させますが、暴力は思っていたより酷くはありませんでした。警察官たちの中には涙を見せたり、感情的になる人もいました。この状況が毎日、何度も続くことは心身共に大変きつい仕事であると思いました。 私は米軍基地を造るた…

Okinawa Accord

This is an Article written by Jim Suriano. A young American man from N.Y. He met Okinawan people in U.S. in this March. And heard a strugle aginst U.S. military bases there. He decided to come to Okinawa with his friends and stayed for 2 month. It's also his story in Okinawa.
On Friday, January 20th, 2017, I woke up in a nation that elected a corporate property and media executive billionaire to the office of President. I watched the unraveling and breakdown of integrity in the national campaign process, as millions of other Americans witnessed. Everything I understood to be wrong with the United States had been brought to the surface. Many things have gone wrong, and I could not live to just watch injustice unfolding anymore. I had to do something.
I quit my jobs in February to join a Peace Walk, Water Walk for Life. This peace walk was held in solidarity with the Water Protectors of the Standing Rock and Ramapough Lenape nations. Although the situation in the Dakota Access Pipel…